ドラマ「不機嫌な果実」の原作小説のあらすじは?購入するには?

Sponsored Link

2016年4月スタートのドラマ「不機嫌な果実」(テレビ朝日)の原作は、林真理子の人気小説「不機嫌な果実」です。

小説「不機嫌な果実」とは?

「不機嫌な果実」は、全8章から成る林真理子の不倫小説です。

週刊文春で連載されたのち、1996年に文藝春秋から単行本が刊行され、その後、2001年には文春文庫版が刊行されています。

本作は1997年に石田ゆり子主演でドラマ化され、今回は約20年ぶり2度目のドラマ化となります。

それを受けて原作者である林真理子さんは「今こそピッタリの作品」とコメントを発表しています。

「不機嫌な果実」のあらすじは?

ヒロイン・水越麻也子は夫との夫婦生活に嫌気がさし、かつての恋人と不倫をするようになります。

その不倫相手にさらに別の愛人がいることがわかっても関係を続けますが、偶然知り合った音楽評論家と深い仲になり、夫との離婚を決意します。

しかし、新たな結婚生活にも満足できず、再びかつての恋人との不倫を再開します。

そして水越麻也子は 唐突に不倫相手との子どもを作ろうと思い立ち、ベッドを共にすることになります。

「不機嫌な果実」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:林真理子(はやしまりこ)
生年月日:1954年4月1日
年齢:61歳
最終学歴:日本大学藝術学部文芸学科卒業
デビュー作:ルンルンを買っておうちに帰ろう
受賞歴:第94回直木賞/第8回柴田錬三郎賞/第32回吉川英治文学賞/第20回島清恋愛文学賞

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ