ドラマ「トットてれび」の原作エッセイのあらすじは?購入するには?

Sponsored Link

2016年4月スタートのドラマ「トットてれび」(NHK総合テレビ)の原作は、黒柳徹子の人気エッセイ「トットひとり」と「トットチャンネル」です。

エッセイ「トットひとり」と「トットチャンネル」とは?

著者である黒柳徹子さんが実際に体験したことを記述したエッセイ集です。「トットひとり」と「トットチャンネル」 はトットシリーズのひとつとして発行されています。

1981年に発行され、本シリーズの最初の作品となる「窓ぎわのトットちゃん」は累計800万部を記録し、戦後最大のベストセラーとなっています。

「トットひとり」と「トットチャンネル」のあらすじは?

自分が1人で生きていくのは大変だと自覚し、色々な人の助けを借りながら、過ごしたその暮らしぶりを、読みやすい文章で紹介しています。

毎日のように会っていた芸能人のことや、様々な番組への出演を経て、黒柳徹子が実際に感じていることを率直に綴った、黒柳徹子でしか書けないエッセイとなっています。

「トットひとり」と「トットチャンネル」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:黒柳徹子(くろやなぎてつこ)
生年月日:1933年8月9日
年齢:82歳
最終学歴:東洋音楽学校声楽科卒
デビュー作:パンダと私 朝日ソノラマ
受賞歴:-

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ