映画「無伴奏」の原作小説のあらすじは?購入するには?

Sponsored Link

2016年3月26日公開の映画「無伴奏」の原作は、小池真理子の小説「無伴奏」です。

小説「無伴奏」とは?

1990年7月に集英社から発行された長編小説「無伴奏」は 、直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的恋愛小説とも呼べる作品です。

発行部数は100万部を超え、小池真理子の著書の中でも女性を中心に支持を集めています。

「恋」「欲望」と並び“恋三部作”として知られています。

「無伴奏」のあらすじは?

1960年代の仙台を舞台とした青春群像劇です。

高校最後の年、響子(きょうこ)はバロック音楽喫茶「無伴奏」で大学生の渉(わたる)と出会い、恋に落ちます。

学園紛争の真っ只中で、青春を過ごす男女が繰り広げる、若くて苦い恋の物語です。

「無伴奏」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:小池真理子(こいけまりこ)
生年月日:1952年10月28日
年齢:63歳
最終学歴:成蹊大学文学部英米文学科卒業
デビュー作:知的悪女のすすめ
受賞歴:第42回日本推理作家協会賞/第114回直木賞/第5回島清恋愛文学賞/第19回柴田錬三郎賞/第62回芸術選奨文部科学大臣賞/第47回吉川英治文学賞

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ