映画「蜜のあわれ」の原作小説のあらすじは?購入するには?

Sponsored Link

2016年4月1日公開の映画「蜜のあわれ」の原作は、室生犀星の小説「蜜のあわれ」です。

小説「蜜のあわれ」とは?

小説家であり、詩人でもあった室生犀星による小説で、1959年10月5日に発行されました。

物語は「あたいは殺されない」「をばさま達 」「日はみじかく」「いくつもある橋」の4部からなり、そこに後記が記載される形で構成されています。

「蜜のあわれ」のあらすじは?

「あたい」は「をぢさま」こと老作家の上山に飼われている金魚であるが、時に20歳くらいの美しい女性に変貌する。

官能的な二人の生活に、田村ゆり子という「をぢさま」の昔の女が幽霊として現れる。

それぞれと不思議な会話を交わしながら、死とエロスが隣り合う世界観が描かれています。

金魚である「あたい」の視点を中心に登場人物の会話のみで物語は進行していきます。

「蜜のあわれ」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:室生犀星(むろうさいせい)
生年月日:1889年8月1日
年齢:1962年3月26日死没
最終学歴:金沢市立長町高等小学校中退
デビュー作:幼年時代
受賞歴:渡辺賞(第2回)/文芸懇話会賞(第1回)「あにいもうと」/菊池寛賞(第3回)「戦死」/読売文学賞(第9回・小説賞)「杏っ子」/野間文芸賞(第12回)「かげろふの日記遺文」/毎日出版文化賞「わが愛する詩人の伝記」

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ