映画「殿、利息でござる!」の原作小説のあらすじは?購入するには?

Sponsored Link

2016年5月14日公開の映画「殿、利息でござる!」の原作は、磯田道史の小説「無私の日本人」の中の1編です。

小説「無私の日本人」とは?

「穀田屋十三郎」は2012年に文藝春秋から出版された「無私の日本人」内に書かれた作品の1編です。他に「中根東里」「大田垣蓮月」の2作が収められています。

著者本人によると、今作品を書くきっかけとなったのは読者からの手紙だそうです。

手紙には江戸時代、宮城県の吉岡宿を救った人々について書いてほしいと書かれていて、興味を持った著者が詳しく調べ、本作品となりました。

2010年の映画「武士の家計簿」に続く、著者にとっては2作目となる映画化作品です。

「無私の日本人」のあらすじは?

江戸時代中期、仙台藩吉岡宿の商人穀田屋 十三郎は人々が貧しく困窮していく様を見て心を痛めていました。

人も減りこのままだと吉岡宿が廃れてしまうのではないかと危惧を抱いた十三郎は、知恵者の菅原屋に相談、菅原屋からは奇想天外な策を授けられます。

2人に同調してくれる7人の同士を見つけ、宿を助けるために皆で立ち上がります。

「無私の日本人」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:磯田道史(いそだみちふみ)
生年月日:1970年12月24日
年齢:45歳
最終学歴:慶応義塾大学大学院文学研究科博士課程修了
デビュー作:武士の家計簿 「加賀藩御算用者」の幕末維新
受賞歴:第2回新潮ドキュメント賞/第15回NHK地域放送文化賞/第63回日本エッセイスト・クラブ賞

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ