映画「オオカミ少女と黒王子」の原作小説のあらすじは?購入するには?

Sponsored Link

2016年5月28日公開の映画「オオカミ少女と黒王子」の原作は、八田鮎子の人気漫画「オオカミ少女と黒王子」です。

漫画「オオカミ少女と黒王子」とは?

「オオカミ少女と黒王子」は集英社の「別冊マーガレット」で2011年に連載中が開始され、現在も連載中の人気漫画です。

コミックスは14巻まで発売されています。総発行部数は2016年現在、420万部を超える大ヒットとなっています。

「オオカミ少女と黒王子」のあらすじは?

物語の主人公で女子高生の篠原エリカは、高校で出来た友達グループの話題についていくため、架空の彼氏との恋愛話を続けています。

ある日、その嘘がばれそうになったので、何とか取り繕おうと街でイケメンを盗撮することを思いつきます。

ところが盗撮したイケメンは同じ学校に通う佐田恭也でした。そこで事情を話して彼氏のふりをしてもらうことになります。

これで一件落着かと思われたところ、外見は優しげに見えた佐田恭也の性格は、実はどSだったという意表をつく展開です。

「オオカミ少女と黒王子」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:八田鮎子(はったあゆこ)
生年月日:-
年齢:-
最終学歴:-
デビュー作:ひよこロマンチカ
受賞歴:-

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ