GACKT(ガクト)が主演!映画「カーラヌカン」のあらすじは?

Sponsored Link

シンガーソングライターのGACKTが、浜野安宏氏が監督を務める映画「KARANUKAN(カーラヌカン)」にて主役を演じることが発表されました。

映画主演は自身が脚本を手掛けた「MOON CHILD」以来14年ぶりになります。

カーラヌカンってどんな映画? あらすじは?

カーラヌカンとは沖縄の言葉で「川の神」という意味。

GACKT演じるカメラマン大石光(おおいしひかる)が沖縄県西表島の滝の下で、美しい少女、石垣真海(いしがきまみ)を撮影していたところ、突然強い太陽光線が受けて目の前が真っ白になる。

そして、ふと気が付くと真海の姿が消えていた。

それから4年、大石は八重山諸島に通い続け、消えた少女を探し続けている。

少女は何故姿を消したのか。それは夢だったのか。あるいは川の神様「カーラヌカン」だったのか。

大石は、次第に真海の影を捕らえていく。

ヒロインは公開オーディションにて

映画「カーラヌカン」のヒロイン役、石垣真海は公開オーディションにて選ばれます。

映画をプロデュースする吉本興業グループは、次世代を担う新人女優の発掘を目的とし、本作に主演する女優を2016年1月6日締め切りで募集しました。

応募条件は、2016年4月1日時点で満18歳から22歳であることだけのようです。

今のところ、オーディションの結果発表はありませんが、どんな美少女が選ばれることになるのか、楽しみですね。

Sponsored Link

監督を務める浜野安宏氏とは?

ライフスタイルプロデューサーの肩書を持つ、浜野安宏氏とはどのような人物なのでしょうか。

日本大学芸術学部映画演出科の出身で、東京・赤坂にあった伝説のディスコ「MUGEN」をプロデュースしたことで知られる人物ですが、映画の制作は今回が初めてのようです。

ライフスタイルプロデューサーとの肩書の通り、ファッションビジネスや東急ハンズやAXISなどの総合デザインプロデュースを手がけ、業界ではカリスマ的存在といえるでしょう。

また、フライ・フィッシャーマン(釣り師)としても知られ、自然保護活動にも積極的に力を注いでいます。

俳優GACKTに期待

GACKTの持つ神秘的で精悍な印象と浜野氏の感性、沖縄の美しい自然と美少女が融合し、どのような映画になるのか期待が膨らみます。

GACKT自身も沖縄の出身とのことで、「一人の沖縄人として、沖縄、八重山の大自然をこの映画を通して皆さまにお見せします」と抱負を語っています。

映画は6月にクランクインし、沖縄八重島諸島にて撮影を行う予定です。映画の公開は2017年になる見込。

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ