郭在容(クァク・ジェヨン)監督が来日!いつ?どこで?

Sponsored Link

クァク・ジェヨン監督最新作『更年奇的な彼女』4月8日(金)よりTOHOシネマズ日本橋・新宿他全国公開されます。

それに伴い、クァク・ジェヨン監督がプロモーションの為、来日することが決定しました。

『更年奇的な彼女』は、日韓両国で爆発的なヒット記録した『猟奇的な彼女』同様、ユーモア溢れるラブコメディで、“アジアの彼女三部作”の完結編になります。

日本に先駆け公開された中国では、32億円超える大ヒットとなっています。

郭在容(クァク・ジェヨン)監督の来日はいつ?

2016年3月14日~16日

試写会などのイベントに参加予定

詳しいスケジュールにつきましては、今のところ未定です。

詳細が分かり次第、ご案内させて頂きます。

<クァク・ジェヨン プロフィール>

1959年生まれ。慶熙大学校卒。『雨の降る日の水彩画』(89)で監督デビュー。『秋の旅行』(91)、『雨の降る日の水彩画2』 (93)を経て、8年ぶりにメガホンをとった『猟奇的な彼女』 (01)は韓国で500万人以上を動員し、韓国のアカデミー賞と言われる大鐘賞で脚色賞を受賞。続いて、『ラブストーリー』 (03)、『僕の彼女を紹介します』 (04)は、日本国内の韓国映画の動員記録を塗り替える大ヒットとなる。『僕の彼女はサイボーグ』 (08)では日本映画にも挑戦。その後『最強☆彼女』 (08)をリリース。本作では中国に招かれ、『猟奇的な彼女』ヒロインが更年期障害期にさしかかったという設定で、『更年奇的な彼女』(原題:『我的早更女友』)を撮影終了。中国公開は2014年12月。今後の作品に、古川雄輝主演の日韓合作映画『風の色』(2016年公開予定)、中国版『世界の中心で、愛をさけぶ』(仮)がある。


「更年奇的な彼女」

4月8日(金)よりTOHOシネマズ日本橋・新宿他全国順次公開
監督:クァク・ジェヨン
キャスト:ジョウ・シュン トン・ダーウェイ ジャン・ズーリン ウォレス・チョン
日本語吹替版キャスト:藤原紀香 他
配給表記:アジアピクチャーズエンタテインメント/エレファントハウス/カルチャヴィル
配給協力:DMZ tokyo

©New Classic Media Corporation

公式サイト
http://kounenki-girl.jp

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ