ドラマ「初恋芸人」の原作小説のあらすじは?購入するには?

Sponsored Link

2016年3月スタートのドラマ「初恋芸人」(NHK総合)の原作は、中沢健の小説「初恋芸人」です。

小説「初恋芸人」とは?

2009年11月に風塵社から刊行されました。この作品は著者の長編小説デビュー作になります。本の帯には唐沢俊一、唐沢なをき、大槻ケンヂの三人が推薦文を書いています。

この作品がドラマ化されることにあたり、「嘘みたいな話だけど、本当です!」というコメントをTwitter上で述べています。

「初恋芸人」のあらすじは?

「ボク」は中学時代にいじめを受けていましたが、素人番組に出た事がきっかけで、芸人になる事を目指します。

しかし、25歳になっても芸人としてなかなか目が出ませんでした。

女性経験も全くなく、女性に近寄っただけでも不快感を与えてしまうため、女性に対して臆病になっていました。

ところが、ある時、女性から「友達のいない私と友達になってくれませんか?」と声をかけられ、新たな世界が始まります。

「初恋芸人」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:中沢健(なかざわたけし)
生年月日:1981年10月30日
年齢:34歳
最終学歴:尚美学園大学卒業
デビュー作:初恋芸人(長編デビュー作)
受賞歴:-

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ