ドラマ「嫌な女」の原作小説のあらすじは?購入するには?

Sponsored Link

2016年3月スタートのドラマ「嫌な女」(NHK総合テレビ)の原作は、桂望実の人気小説「嫌な女」です。

小説「嫌な女」とは?

「小説宝石」誌上に「ずっとずっと向日葵」というタイトルで連載されていた作品が、「嫌な女」のタイトルで2010年10月、光文社から単行本出版されました。

今回、ドラマ化にあたり「どのような映像になるかお楽しみに」というコメントを著者オフィシャルサイト上で述べています。

「嫌な女」のあらすじは?

小谷夏子は男をその気にさせる天才的な才能を持つ魔性の女、たとえ初対面の相手でもたちまち虜にさせてしまいます。

夏子に魅入られた男たちは、気づいた時にはいつも喜んでお金を夏子に渡してしまっていました。

弁護士の石田徹子は夏子の親戚にあたる女性で、夏子が男たちとの金銭トラブルを起こす度に引っ張り出されていました。

対照的な性格の2人の女性を中心に、周囲の人間模様が描かれていきます。

「嫌な女」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:桂望実(かつらのぞみ)
生年月日:1965年
年齢:-
最終学歴:大妻女子大学文学部国文科卒業
デビュー作:死日記
受賞歴:2003年「作家への道!」優秀賞

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ