吉田鋼太郎が「チマタの噺」に出演!結婚は?過去には熱愛報道も

笑福亭鶴瓶司会のトークバラエティー「チマタの噺」に吉田鋼太郎(よしだこうたろう)がゲストとして出演。渋い演技で話題の吉田鋼太郎は話し好きのオモシロおっさんだった? 番組では子供頃の話や舞台での話を披露。VTRでは枯れ専アラサー女性が取り上げられるなど、何かと盛り沢山の話題です。

Sponsored Link

吉田鋼太郎とは?

吉田鋼太郎

http://www.yomiuri.co.jp/culture/photonews/article.html?id=20141008-OYT8I50062

1959年生れの今年56歳、東京都出身、俳優兼演出家。上智大学中退。

劇団四季、シェイクスピア・シアターなどを経て、知人と劇団AUNを結成。演出の手掛けながら、舞台を中心に活躍。テレビドラマでは2013年放送のTBSドラマ「半沢直樹・第二部」、2014年のNHK朝ドラ「花子とアン」の演技で人気を博し、50代にして大ブレイクしました。現在、TBSドラマ「ウロボロス〜この愛こそ、正義。」に出演中です。同ドラマでは、互いに親友と呼び合う小栗旬と共演しています。

劇団AUN(げきだんあうん)について

1997年に旗揚げされた吉田鋼太郎主催の劇団。主にシェイクスピア作品を上演している。

TBSドラマ「半沢直樹・第二部」とは?

「やられたらやり返す!」「倍返し」「覚えていやがれ!」などのフレーズが日本中で話題となったTBSの人気ドラマです。主演は堺雅人。原作は池井戸潤の小説「半沢直樹シリーズ」。吉田鋼太郎は半沢直樹の上司役で出演していました。

NHK朝ドラ「花子とアン」とは?

「赤毛のアン」の日本語翻訳者である村岡花子の半生を描いたNHKの大ヒット朝の連続テレビ小説。吉田鋼太郎は九州の石炭王役で出演。

TBSドラマ「ウロボロス〜この愛こそ、正義。」とは?

生田斗真主演、小栗旬助演のTBSドラマ。幼なじみのふたりが、ひとりは刑事に、もうひとりはヤクザとなって悪を裁く。吉田鋼太郎は新宿第二署刑事課の課長として、良き上司役で出演中。

Sponsored Link

小栗旬とは特別な関係?

吉田鋼太郎と小栗旬は10年来の親友とのことできっかけはシェイクスピアの舞台での共演。その後、小栗旬が吉田に舞台での演技を教わるなどしながら酒を酌み交わし、親友と呼び合うようになった。ふたりの歳の差は25歳。まさに年齢を超えた友情と言える。

吉田鋼太郎の結婚、離婚、熱愛。

二度の離婚歴があり、息子がひとりいます。2014年7月には熱愛報道があり、吉田鋼太郎自身、12歳年下の元タカラジェンヌで女優の安蘭けい(あいらんけい)さんとの交際を認めています。ふたりは蜷川幸雄の舞台「アントニーとクレオパトラ」で出会って以来、4年ほどのお付き合いとのことです。

安蘭けい

http://www.horipro.co.jp/arankei/

笑福亭鶴瓶さんに聞いてもらいたいこと

「リリー・フランキーさんとは、本当に親戚じゃないんですか?」

lily_01

http://news.livedoor.com/article/image_detail/8028827/?img_id=5290297

ネット上では、ふたりがあまりによく似ているので、同一人物だと思っていた人が多数いるらしく、話題です。まったく無関係らしいですが。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ