「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の主題歌は手嶌葵「明日への手紙」です

Sponsored Link

2016年1月スタートのドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ)の主題歌について楽曲名やアーティスト詳細情報などをお届けします。

ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の主題歌は手嶌葵「明日への手紙」

アーティスト:手嶌葵(てしまあおい)
楽曲名:明日への手紙(あすへのてがみ)
発売日:2016年2月10日

どんな楽曲?

ドラマは、地方から東京へ上京し、大都会の片隅で様々な困難に立ち向かいながらも、前向きに生きる若者達の様子が描かれています。

「明日への手紙」は曲の冒頭からドラマの世界観を彷彿させるような歌詞から始まり、曲を聴くことでドラマの余韻にひたることができそうです。

手嶌さんの切ない歌声が、故郷を離れて都会の片隅で一人生きる若者達の寂しい思いと重なり合い、ドラマの世界をイメージさせられるほどの強烈なインパクトがある曲になっております。

手嶌さんはレコーディングの際にはドラマの台本を読みドラマをイメージして主人公達の気持を思い描きながらレコーディングを行っい、一層ドラマの世界観に近づくことができたそうです。

「明日への手紙」を購入するには?

Amazon

CD販売

ダウンロード販売(MP3)

iTunes

明日への手紙
手嶌葵
ヴォーカル
¥250

Sponsored Link

手嶌葵とは?

メンバー

手嶌葵(ヴォーカル)

活動期間

2005年~

音楽性

手嶌葵は幼少期から音楽好きな両親のもとで、古いミュージカル映画や洋楽に親しみながら育ちました。

中学時代には既にジャズを聴いており、当時聴いたルイ・アームストロングの「ムーン・リバー」が好きという大人びた中学時代を過ごしたようです。

また、学校生活においては登校拒否に近い状態だったこともあり、その時の音楽によっyr支えられたという経験が、より一層音楽への想いを強くしたそうです。

そんな彼女が注目を集めたのは韓国でのイベントに出演した時のことです。ヤマハの関係者の目にとまり、これがきっかけで映画『ゲド戦記』のテーマソングと、ヒロイン・テルー役の声優に抜擢されるという劇的なデビューを果たしました。

「テルーの唄」のほかにも、「さよならの夏~コクリコ坂から~」が『コクリコ坂から』の主題歌で、アニメ作品の曲となっております。

この他のお薦めソング

Amazon

CD販売

ダウンロード販売(MP3)

iTunes

テルーの唄
手嶌葵
J-Pop
¥250

奇跡の星
手嶌葵
J-Pop
¥250

さよならの夏~コクリコ坂から~
手嶌葵
ヴォーカル
¥250

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ