ドラマ「警視庁ゼロ係」の原作小説のあらすじは?購入するには?

Sponsored Link

2016年1月スタートのドラマ「警視庁ゼロ係」(テレビ東京)の原作は、富樫倫太郎の小説「生活安全課0係」です。

小説シリーズ「生活安全課0係」とは?

2016年1月9日に祥伝社文庫から「生活安全課0係 ファイヤーボール」「生活安全課0係 ヘッドゲーム」の2冊がドラマの原作本として刊行されました。

刑事物作品を幾つも書いている著者が、新たに所轄の変人警部を主人公にしたシリーズ作品となっています。

「生活安全課0係」のあらすじは?

杉並中央署生活安全課に新たに「何でも相談室」が設立され、キャリア警部の小早川冬彦も相談室に異動してきます。

変わり者でKYな所もある警部で、いわゆる島流し的な部署でしたが、小さな事件も見落とすことなく取り組みその奥に隠された重大事件にも関わっていきます。

「生活安全課0係」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:富樫倫太郎(とがしりんたろう)
生年月日:1961年
年齢:-
最終学歴:北海道大学経済学部卒業
デビュー作:修羅の跫(あしおと)
受賞歴:第4回歴史群像大賞

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ