ドラマ「スミカスミレ」の原作漫画のあらすじは?購入するには?

Sponsored Link

2016年1月スタートのドラマ「スミカスミレ」(テレビ朝日)の原作は、高梨みつばの同名の人気漫画です。

漫画「スミカスミレ」とは?

「スミカスミレ」は2013年10月号から集英社発行の大人の女性向け漫画の月刊誌『Cocohana』に掲載され、2015年12月現在も連載中です。単行本は5巻まで発行されています。

「スミカスミレ」のあらすじは?

如月澄は,高校を中退し家業を手伝いながら祖母、父、母と介護し、人が経験するような恋愛などを体験しないまま60歳を迎えていた。

母が亡くなり、その葬儀のあと,幼い頃怖かった黒猫が描かれた屏風を見つけると、その縁で指を切り、屏風に血をかけてしまう。

すると中から黒猫が現れ、澄が屏風の封印を解いたことを告げる。そして澄の「青春を楽しみ恋をしてみたい」という望みを叶え、17歳の高校生として若返らせる。

「スミカスミレ」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:高梨みつば(たかなしみつば)
生年月日:1975年5月27日
年齢:40歳
最終学歴:-
デビュー作:もう恋なんてしない
受賞歴:-

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ