ドラマ「悪党たちは千里を走る」の原作小説のあらすじは?購入するには?

Sponsored Link

2016年1月スタートのドラマ「悪党たちは千里を走る」(TBS)の原作は、貫井徳郎氏の同名の人気小説です。

小説シリーズ「悪党たちは千里を走る」とは?

2005年に幻冬舎より刊行された、スピーディーさと細かい仕掛けが施されたユーモアミステリー作品です。著者はドラマの撮影現場に訪れ、「少し前に発売された作品を取り上げてもらえて大変光栄です。ドラマと本では個性が違うので、ドラマをよりよくするために内容を変えていただいても構いません。視聴者の皆さんには、社会の落ちこぼれとも言える、登場人物達が一生懸命頑張り、人生を掴み取っていく姿をぜひ見ていただきたいです。」とコメントを寄せています。

「悪党たちは千里を走る」のあらすじは?

お金に困っていた高杉篤郎と園部優斗は、まっとうに生きていても無駄だと感じコンビで詐欺師となり、しょぼい騙しを繰り返し何とか暮らしを立ててきました。ある時、仕事先で美人同業者三上奈摘子と出会い、一緒に手を組み、お金持ちの飼い犬を誘拐しようと計画します。誰も傷つける事無く、大金を手にする予定でしたが、ひょんなことから計画とは違う方向へどんどん向かってしまい、思わぬ局面を迎えてしまいます。

「悪党たちは千里を走る」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:貫井徳郎(ぬくいとくろう)
生年月日:1968年2月25日
年齢:47歳
最終学歴:早稲田大学商学部卒業
デビュー作:慟哭
受賞歴:第63回日本推理作家協会賞/第23回山本周五郎賞

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ