ドラマ「ナオミとカナコ」の原作小説のあらすじは?購入するには?

Sponsored Link

2016年1月スタートのドラマ「ナオミとカナコ」(フジテレビ)の原作は、奥田英朗氏の同名の人気小説です。

小説シリーズ「ナオミとカナコ」とは?

犯罪ミステリー「ナオミとカナコ」。親友同志であるナオミとカナコが、とある事件の共犯者となる。事件前まではナオミ、事件後はカナコの視点で物語は描かれていきます。

原作は、直木賞、柴田錬三郎賞、吉川英治文学賞と数々の受賞歴を持つベストセラー作家、奥田英朗氏。

2014年11月に幻冬舎から出版された400ページを超える長編作です。

「ナオミとカナコ」のあらすじは?

ナオミ(小田直美)とカナコ(服部加奈子)は大学時代の同級生。憂鬱な職場で人生を持て余しているナオミ、一方、専業主婦のカナコは、夫の酷いDVに耐える毎日を過ごしていた。

追い詰められた二人は人生を取り戻すため前代未聞の犯罪を計画する。計画は完璧なはずだった…しかし僅かなほころびから二人は徐々に追い詰められていく…。

「ナオミとカナコ」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:奥田英朗(おくだひでお)
生年月日:1959年10月23日
年齢:56歳
最終学歴:岐阜県立岐山高等学校卒業
デビュー作:ウランバーナの森
受賞歴:第4回大藪春彦賞「邪魔」/第131回直木三十五賞「空中ブランコ」/第20回柴田錬三郎賞「家日和」/第43回吉川英治文学賞「オリンピックの身代金」

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ