ドラマ「傘をもたない蟻たちは」の原作小説のあらすじは?購入するには?

Sponsored Link

2016年1月スタートのドラマ「傘をもたない蟻たちは」(フジテレビ)の原作は、加藤シゲアキ氏の同名の小説です。

小説「傘をもたない蟻たちは」とは?

2015年6月1日に角川書店から刊行された著者にとって初の短編集です。

「染色」「Undress」「恋愛小説(仮)」「イガヌの雨」「インターセプト」「にべもなく、よるべもなく」の六編が収められ、どれも今を生きる人々の「生」と「性」が浮き彫りとなる作品に仕上げられています。

著者の加藤シゲアキさんは主人公の幼馴染役としてドラマにも出演しています。加藤さんは「短編作品をどのようにドラマにまとめあげるのか楽しみでした。その期待を裏切らず更に超えたものに出来上がって嬉しいです。」とコメントしています。

「傘をもたない蟻たちは」のあらすじは?

「染色」
日々楽しく過ごしている美大の学生市村は美優と知り合います。美優の作品制作を手伝っているうちに、次第にその才能と不思議な魅力に引き込まれていきます。

「Undress」
大西はエリートサラリーマンとして働いていましたが、会社員という立場に満足できず脱サラします。しかし、うまくいかず、人生設計が狂い始めてしまいます。

「恋愛小説(仮)」
ある男性作家は自分の作品内容と同じ夢を見られるようになりますが、徐々に自分の夢にのめりこんでいってしまいます。

「イガヌの雨」
宇宙からやってきたイガヌは食べることの出来る生物でした。高校生の美鈴は禁止されながらも美味しいというその味を試してみたくて、ついに食べてしまいます。

「インターセプト」
男たちがある女性を口説けるかどうか競い合い、自信家の男性がお得意の恋愛テクニックを使って挑みますが…。

「にべもなく、よるべもなく」
海辺の町に育った、男子中学生2人の性や愛や将来についての揺れる心を描いた作品です。

「傘をもたない蟻たちは」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:加藤シゲアキ(かとうしげあき)
生年月日:1987年7月11日
年齢:28歳
最終学歴:青山学院大学法学部卒業
デビュー作:ピンクとグレー
受賞歴:-

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ