ドラマ「ニーチェ先生」の原作漫画のあらすじは?購入するには?

Sponsored Link

2016年1月スタートのドラマ「ニーチェ先生」(日本テレビ)の原作は、漫画・ハシモト氏、原作・松駒氏による人気漫画「ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~」です。

漫画「ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~」とは?

原作者の松駒さんが、コンビニでアルバイトをしていたときの、さとり世代の後輩の行動をツイッターでつぶやいたところ反響を呼び、漫画化されることになりました。

そして、月間コミックジーンで2013年9月号から連載が始まり、現在も連載中です。

単行本は、4巻まで発売されていて、総発行部数は130万部を超えています。

「ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~」のあらすじは?

就職活動をしながらバイトをしている松駒が働くコンビニに仁井智慧が新しくバイトとして入ってきます。

仁井はバイト初日から「お客様は神様だろ」と因縁をつけてきた客に対して、ニーチェの名言「紙は死んだ」と言ったことから、松駒は彼のことを心の中で「ニーチェ先生」と呼ぶようになりました。

それからも嫌な客を様々な方法で撃退する仁井を松駒は観察するようになります。これは、松駒と仁井、そしてコンビニに関わる変わった人々たちの物語です。

「ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:松駒
生年月日:まつこま
年齢:-
最終学歴:大学卒業 哲学専攻
デビュー作:ニーチェ先生
受賞歴:次にくるマンガ大賞(4位)/全国書店員が選んだおすすめコミック(3位)

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ