ドラマ「怪盗山猫」の原作小説のあらすじは?購入するには?

Sponsored Link

2016年1月スタートのドラマ「怪盗山猫」(日本テレビ)の原作は、神永学(かみながまなぶ)の小説シリーズ「怪盗探偵山猫」です。

小説シリーズ「怪盗探偵山猫」とは?

「怪盗探偵山猫」は角川書店発行の「小説野性時代」にて連載中の人気小説で、現在3巻までが発売中です。

原作者の神永学氏は同小説がドラマ化されるにあたり、「(ドラマを)原作よりも面白くすること」との条件をつけたそうで、ドラマ化に対する期待のほどが伺えます。

「怪盗探偵山猫」のあらすじは?

主人公は山猫と呼ばれる伝説化された窃盗犯。この男の信条は「人を殺めないこと」。しかし、出版社の社長が殺害される。不審に思った被害者の元部下で雑誌記者の勝村がその謎に迫る。また勝村の大学の先輩で刑事のさくらも捜査を始めることになる。

「怪盗探偵山猫」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:神永学(かみながまなぶ)
生年月日:1974年8月3日
年齢:42歳
最終学歴:日本映画学校卒業
デビュー作:赤い隻眼
受賞歴:-

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ