NHK朝ドラ「まれ」連続テレビ小説、久々の現代劇。こけそうとは言わないで

NHK朝の新連続テレビ小説「まれ」が、2015年3月30日より放送開始になります。2013年上半期に「あまちゃん」が放送されて以来、このところ、「こちそうさん」「花子とアン」「マッサン」と時代劇(明治から昭和初期)が続いていましたが、今回は久々の現代劇です。

Sponsored Link

朝ドラ「まれ」って、どんなドラマ?

貧しい環境に育った主人公のヒロイン、津村希がパティシエになることを夢見、その実現のために家族を説得して、著名なパティシエの元で厳しい修行に励む物語です。ヒロイン役にはオーデションで2020人の応募の中から選ばれた土屋太鳳。彼女はそのオーデションの席で「チャンスを下さい」とストレートに思いを訴え、この大役を獲得しました。NHKの連続テレビ小説へは、「おひさま」「花子とアン」に続いて三度目の出演になります。

Sponsored Link

主なキャストは?

希の父親役には大泉洋、母親役には常盤貴子、弟役にはイケメン俳優として人気上昇中の葉山奨之が出演が決まっています。脇役にも篠井英介、塚地武雅、ガッツ石松といった個性的な面々が顔を揃え、大女優、田中裕子の存在も光ります。また、希の同級生役に、山崎賢人、清水富美加、門脇麦、高畑裕太、渡辺大知など、今後の活躍が期待される多くの若手俳優がキャスティングされています。


NHK朝ドラの現代劇は、いまひとつとの評判もありますが、弟役の葉山奨之が「マッサンより面白い」と大胆発言をしているように、個性豊かなキャストが織り成す楽しいドラマになりそうです。
放送は、NHK総合テレビ、デジタル総合にて2015年3月30日・8時~8時15分からスタート。この他、NHKワールド・プレミアム、BSプレミアム、テレビジャパン等でも放送が予定されています。

Sponsored Link


コメントを残す

このページの先頭へ