掟上今日子の備忘録がドラマ化!あらすじや原作、漫画など

Sponsored Link

西尾維新の小説「掟上今日子の備忘録」(おきてがみきょうこのびぼうろく)が日本テレビ系列でドラマ化されます。放送は2015年10月スタートで、毎週土曜日夜9時から。

西尾維新(にしおいしん)氏は数多くのヒット作を手掛ける人気小説家で、ライトノベルを始めミステリ、コメディ、青春小説など、ジャンルは多岐にわたります。

西尾氏の作品は設定の関係上、映像化が難しいと言われており、実写ドラマ化されるのはこの「掟上今日子の備忘録」が初めてになります。

寝ると記憶がリセットされてしまう主人公の探偵・掟上今日子(おきてがみきょうこ)を演じるのは新垣結衣(あらがきゆい)。毎回犯人に間違われてしまうという運の悪い男・隠舘厄介(かくしだてやくすけ)に岡田将生(おかだまさき)がキャスティングされています。

ストーリーは、原作小説の設定はそのままにオリジナルのものになる模様。また、ドラマ「掟上今日子の備忘録」オリジナルのキャラクターも追加されています。こちらには及川光博(おいかわみつひろ)、有岡大貴(ありおかだいき)、内田理央(うちだりお)のキャスティングが発表されています。

「掟上今日子の備忘録」のあらすじは?

寝ると記憶がリセットされる掟上今日子はまたの名を「忘却探偵」と呼ばれています。

毎回依頼人により持ち込まれた事件をほぼ1日で解決してしまうという最速の探偵でもあります。

事件は、特殊ディスプレイを開発する研究室を舞台に起こります。機密情報が入ったSDガードが紛失し、運の悪い男・隠館厄介が疑われることに。困った隠館は探偵斡旋所に探偵を依頼し、掟上今日子を紹介されることになります。

Sponsored Link

原作小説「掟上今日子の備忘録」について

小説「掟上今日子の備忘録」は2014年10月に講談社より出版されたライトノベルです。

「掟上今日子の備忘録」は人気シリーズ「忘却探偵シリーズ」の一作目にあたり、現在は本作の他、「掟上今日子の推薦文」「掟上今日子の挑戦状」の2作が発表されています。また3作目「掟上今日子の遺言書」の発売が2015年10月6日に予定されています。

漫画化やアニメ化はされているの?

アニメ化の予定は今のところありませんが、講談社「月刊少年マガジン」誌上にて、2015年8月6日発売の9月号より漫画の連載が始まっています。作画は浅見よう氏。

Amazonで「忘却探偵シリーズ」 を見る

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ