メンズノンノモデル坂口健太郎が出演!ヒロイン失格ってどんな映画?

Sponsored Link

メンズノンノの専属モデルで、単独で誌面の表紙を飾るなど注目を集めている坂口健太郎(さかぐちけんたろう)さんですが、俳優としても今年大ブレイクの予感です。

2014年10月公開の映画「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」で俳優としてデビューを果たして以来、映画への出演作が「ヒロイン失格」で、すでに6作目となっています。さらに今年後半から来年2016年1月にかけて、2本の映画の公開が予定されています。

ヒロイン失格ってどんな映画?

2010年から2013年にかけて「別冊マーガレット」で連載されていた幸田もも子の同名の人気漫画が原作です。

映画の舞台は男女共学の高校を舞台に、幼なじみの「利太」と結ばれると信じて疑っていなかった主人公の「はとり」、その「はとり」にアプローチしてきた学校一のモテ男「弘光」。この三人の三角関係を中心に描き出すラブコメディーです。

主人公の「はとり」には、原作の大ファンだという桐谷美玲(きりたにみれい)、その「はとり」が片思いをしている幼なじみ「利太」に山崎賢人(やまざきけんと)。そして、学校一のモテ男で利太へのあてつけから「はとり」にアプローチすることになる弘光に坂口健太郎(さかぐちけんたろう)がキャステングされています。

また、利太の恋人役には我妻三輪子(わがつまみわこ)、はとりの親友役に福田彩乃(ふくだあやの)が抜擢されている他、中尾彬や柳沢慎吾、六角精児といった個性豊かな面々が脇を固めています。

Sponsored Link

映画「ヒロイン失格」

2015年9月19日公開予定

坂口健太郎が演じる弘光康祐とは?

坂口健太郎演じる学校一のモテ男・弘光廣祐は恋愛など思い込み過ぎないというかなり冷めた考えの持ち主で、はとりへのアプローチも自分をヒロインだと信じ込んでいるはとりへの興味と利太へのあてつけからはじめるなど、女の子に対してはいい加減。しかし、段々と自分の感情を抑制できなくなり、はとりに告白することになる。

切れ長の目にすっと通った鼻筋、端正な顔立ちが印象的な塩顔男子の代表、坂口健太郎が爆笑コメディ?

しかも、演じる役どころが学校一のモテ男という意外な設定。

予想がつかないことばかりですが、いったいどんな映画になるのか、今から楽しみですね。

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ