紀里谷和明の実家はパチンコ店経営。その生い立ちとは?

Sponsored Link

映画「CASSHERN(キャシャーン)」「GOEMON(ゴエモン)」の映画監督として知られる紀里谷和明(きりやかずあき)氏の実家は、熊本県人吉市に本社を置くパチンコチェーン店で、紀里谷和明氏自身も中学二年まで熊本県で過ごした後、渡米している。

紀里谷和明氏の実家が経営する岩下兄弟株式会社とは?

熊本県と宮城県内に約27店舗を持つ、熊本県最大のパチンコチェーン。従業員数は約750名、パチンコ店の他ビジネスホテルも経営、グループの総売上は1300億円以上。
その名前の通り、兄の岩下高矢氏と紀里谷和明氏の父親で弟の岩下博明氏の兄弟が1993年に創業した会社で、2002年より弟の博明氏が初代社長の高矢氏に代わり、社長を務めている。高矢氏は2004年に死去。

21歳の兄と高校三年生の弟が創業し、パチンコ店経営を中核にラーメン店や釣り堀、ナイトクラブなど、若くして様々な事業を展開する。この父と叔父の型にはまらない生き方は、中学二年生で渡米を決意した紀里谷和明氏にも受け継がれていると言える。

Sponsored Link

紀里谷和明氏の生い立ちなどプロフィール

生まれ故郷である熊本県熊本県球磨郡あさぎり町で中学二年生まで過ごした後、単身でアメリカに渡り、Cambridge School of Westonに進学。

卒業後、Parsons School of Degisnの環境デザイン科にて建築を学ぶが2年で中退。

21歳の時にデザイン会社を設立するも失敗、大学中退後の5年間は何をやっても上手く行かなかったようで、紀里谷和明氏自身も「暗黒の時代」と呼んでいるそうです。

その後、26歳の時に音楽雑誌「VIBE」での仕事をきっかけに、写真やアートディレクションの世界で認められるようになる。

シンガーソングライター宇多田ヒカルとは仕事上の撮影を通じて知り合い、2002年に結婚したが、2007年に離婚してる。

Cambridge School of Westonとは?

マサチューセッツ州にある1886年設立の高等学校で、アート関係に強い男女共学の全寮制の寄宿学校です。入学の難易度は最難関というわけではないようですが、それなりに難しいようです。必要な学費は年間約50,000ドル程度。

Parsons School of Degisnとは?

パーソンズ美術大学と呼ばれ、日本でもよく知られている美術大学です。1896年に創立され、これまでにダナ・キャランやアナ・スイ、ジャスパー・ジョーンズなど、数多くの著名なアーティストやデザイナーを輩出しています。

中学2年生で渡米?義務教育は大丈夫なの?

紀里谷和明氏のプロフィールを調べているうちに、ひとつ気になった点があります。それは中学二年生で中学を中退し、渡米したということは、日本の義務教育を修了していないのではないかということです。

そこで、さらに詳しく調べてみたところ、やはり義務教育放棄になるため、父親が文部省と交渉し、アメリカで日本語学校に通うことで中学の卒業資格を得られるように取り計らわれたとのことでした。

Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ