紀里谷和明の新作映画「ラストナイツ」のアメリカでの評価は?

Sponsored Link

紀里谷和明(きりやかずあき)監督の新作映画「ラストナイツ」が2015年11月より劇場公開されます。

「ラストナイツ」は、監督自身の夢だったというハリウッド制作によるものです。

主役は、「ボーン・アイデンティティー」「クローサー」のクライヴ・オーウェンが務める他、名優モーガン・フリーマンも出演しています。

アメリカでは2015年4月に公開され、カナダ、イギリス、ポルトガル、フィリピン、エストニア、リトアニア、クェートでも公開された他、スペインでテレビ特別試写、ドイツではDVD特別試写もされています。

アメリカでの「ラストナイツ」の評価は?

さて、気になるアメリカでの評価ですが、どうなっているのでしょうか。

アメリカでは、アマゾン傘下のInternet Movie Database(通称:IMDb)と呼ばれる映画、テレビ番組、俳優などを紹介し、口コミ情報や評価を掲載するオンラインデーターベースが有名ですが、そこの情報によると、「ラストナイツ」の評価は10段階評価で6.2とのことです。

これだけでは、評価として高いのか低いのかわからないですよね。

そこで現在日本で公開中のアメリカ映画と比較してみました。

大ヒット中の映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」は7.9、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が8.4、「ターミネーター:新起動/ジェニシス」が7.0となっています。

これらの作品と比較して、「ラストナイツ」の評価6.2はかなり低いの? と思われる方の多いかと思いますが、実はこれらの作品はどれも巨額の制作費を投入した大手スタジオ制作による人気シリーズの続編です。

実際、IMDb内で他の映画の評価を見てみると5点台のものもかなり多く、ひどいものになると1点台2点台もあるので、6.2という評価はそこそこ高評価といえるのではないかと思います。

Sponsored Link

紀里谷和明監督のこれからに期待

初めてのハリウッド進出映画でそれなりに良い評価を得たということは、今後の活躍もかなり期待されます。日本ではどうしても「歌手・宇多田ヒカルの元夫」として語られることが多いですが、映画監督としての紀里谷和明氏の存在がもっとクローズアップされる日は近いのではないかと思います。

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ