ドラマ「民王」で注目のキャストは貝原茂平を演じる高橋一生

Sponsored Link

新ドラマ「民王」では高橋一生(たかはしいっせい)が超真面目な性格で総理大臣をサポートする優秀な公設第一秘書を演じています。何事もクールに分析し、鋭く突っ込むキャラです。

心が息子と入れ替わってしまい、何も知らない総理大臣のために答弁原稿を作成したり、彼を支えるために大奮闘。しかしながらその本心は誰にも明かさないちょっとミステリアスな雰囲気もあります。今や各局のドラマに連続して出演している人気者です。

高橋一生は幅広い役をこなす注目俳優

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」での官兵衛の有能な家来・井上九郎右衛門役も評判になりました。

フジテレビの「信長協奏曲」での浅井長政役、TBSの「ペテロの葬列」のエリート社員役や堺雅人さんが主演した日本テレビの「Dr.倫太郎」での優秀な研修医役など、端正な容姿と知的な雰囲気が役柄とマッチしてどの役も魅力的です。満島ひかりさんと共演した日本テレビの「Woman」でのクールな中にも優しさがあふれる医師役もジーンときます。

高橋一生の出演作がもう一度見たくなるかも!?

高橋さんは1980年12月9日生まれの東京都出身。10歳のとき劇団に所属し、子役としてキャリアをスタートさせ、数々のテレビや映画「世界の中心で、愛をさけぶ」、舞台「マーキュリー・ファー」などに出演。着々と演技に磨きをかけてきた実力派です。

なんとジブリのアニメ映画「耳をすませば」ではヒロインが恋心を抱く天沢聖司役で声優にも挑戦しています。

知名度が上がってきた今、もう一度高橋さんの出演作を見てみるのもいいものです。

Sponsored Link

>高橋一生の素顔は多趣味なアクター

演じてきたイメージからどちらかというと物静かなインドア派のイメージがありますが、意外にも特技がスケートボードやバスケットボール。普通二輪の免許も持っており、趣味がバイクというアクティブな一面もありファンにはたまらないところです。

>高橋一生の新たな魅力でファンも急増!?

知的でクールな雰囲気を醸し出す高橋さんが、今までの役どころから一転してコミカルなドタバタドラマ「民王」ではどんな政治家秘書を演じていくのか楽しみです。今乗りに乗っている高橋さんから目が離せません。

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ