畠中恵原作のドラマ「まんまこと」がNHKにて7月スタート!漫画は?原作は?

Sponsored Link

人気作家、畠中恵(はたなかめぐみ)作の小説「まんまこと」シリーズを原作としたNHKドラマ「まんまこと~麻之助裁定帳~」がいよいよ7月16日20時から放送されます。

6月にはシリーズ5巻目が発売され、すでに漫画化もされている人気原作を元にしたドラマということで、期待が集まっています。

ドラマ「まんまこと」とは?

NHKの木曜時代劇枠にて放送される、江戸時代を舞台にした人情ミステリードラマです。町人たちが持ち寄ってくる問題を解決する、名主というちょっと珍しい職業にスポットを当てた作品で、主人公である麻之助はそんな名主の家の息子として活躍します。

人気作家、畠中恵原作初の連続ドラマ作品という点でも注目が集まっています。

原作「まんまこと」シリーズと、原作者畠中恵とは?

原作「まんまこと」シリーズは表題作「まんまこと」をはじめとする5冊からなる小説シリーズです。(2015年7月現在)累計発行部数は75万部という人気作で、最新刊5巻が6月に発売されました。

主人公である麻之助に持ち寄られる様々な問題を中心に、江戸の町に住む様々な人の心をうつしだす作品です。

原作者、畠中恵とは?

漫画家としてデビューするも、2001年に「しゃばけ」が日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞したことで小説家としての活動を開始したという、異色な経歴の持ち主です。「しゃばけ」や「まんまこと」をはじめに江戸時代を舞台とした作品が多く、たおやかな筆致とどこかほのぼのとした内容で、遠い時代の人々の物語をいきいきと書きだすことで人気が集まっています。

Sponsored Link

漫画版「まんまこと」

そんな人気作品である原作小説ですが、すでにメディアミックスとして漫画化されています。原作の情緒あふれる内容や登場人物たちの心の機微が、漫画担当の紗久楽さわが描く繊細かつ艶やかな絵によって見事に表現されています。
最新刊3巻はドラマ放映のちょうど一カ月前である6月16日に発売されたばかりで、こちらもドラマと一緒にますます盛り上がってくるでしょう。

ドラマ「まんまこと~麻之助裁定帳~」に集まる期待

原作、漫画共に盛り上がっている作品のドラマ化ともあれば、そこに集まる期待は並大抵のものではありません。特に畠中恵原作では初の連続ドラマ作品ということで、原作ファンからの期待は大きいでしょう。しかし、制作陣がドラマにかける意気込みも負けてはいません。視聴者の期待に見事に応え、名ドラマとなってくれることでしょう。

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ