元猿岩石・森脇和成がしくじり先生に出演!芸能界引退の理由とは?

Sponsored Link

元猿岩石(さるがんせき)の森脇和成(もりわきかずなり)さんが7月20日夜7時放送のテレビ朝日系列「しくじり先生合体3時間スペシャル」に登場します。突然の芸能界引退、コンビ解散。番組ではその真相についても語ります。

そもそも森脇和成って誰?

「そもそも森脇和成って誰だっけ?猿岩石って何?」って方も結構いらっしゃるかもしれません。猿岩石の森脇和成と聞いて、「ああ、有吉弘行(ありよしひろいき)の元相方ね」とすぐに分かる方はそれなりの年齢の方かと思われます。

有吉弘行と森脇和成がお笑いコンビ猿岩石としてデビューしたのは1996年ごろ。当時日本テレビ系列で放送されていた「進め!電波少年」の番組企画でユーラシア大陸をヒッチハイクで旅をしたところ、一躍お茶の間の人気者になりました。

今ではピン芸人のイメージが強い有吉弘行ですが、昔はお笑いコンビだったんですね。

Sponsored Link

猿岩石解散、森脇和成引退の真相は?

ヒッチハイクの旅の内容を書いた書籍「猿岩石日記」はシリーズ累計で250万部の大ベストセラーに、ヒッチハイクの番組企画終了後、リリースされた猿岩石のふたりが歌う「白い雲のように」はミリオンセラーとなる大ヒットとなりましたが、次第にテレビのレギュラー出演も減っていきます。

例え、人気者となっても注目を集め続けなければ、すぐに忘れ去られてしまうのが芸能界の常。厳しい世界です。

最高で2000万あった月収も、徐々に減って、終いには歩合性に切り替えられ、結局0になったそうです。

それでもコンビは2004年まで続きます。しかし、お笑い芸人志向の強い有吉弘行と、役者や音楽家、実業家として活動の幅を広げたい森脇和成との溝は深まり、遂にコンビ解散に至ります。

現在、有吉弘行の芸人としての活躍は推して知るべしですが、一方の森脇和成は芸能界引退後、離婚を経験し、職を転々とするなど順風とは言いがたい状況です。かつてはコンビだったふたりが、今は明暗を分けた形といえます。

それでも、森脇和成は元相方・有吉弘行のことを「誇りに思っている」と今年3月21日に放送されたテレビ東京系列「ヨソで言わんとい亭」の中で語っています。

ふたりは小学校時代から幼なじみ

今回放送が予定されている「しくじり先生」の中で重大発表があるとネット上で噂になっていますが、もしかすると猿岩石の再結成発表とかもありえるのかもしれませんね。

ふたりは小学校時代からの幼なじみです。今では電話連絡も取っていないそうですが、有吉弘行も毒づきながらも昔の相方に救いの手を差し伸べるのではないかと想像しています。

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ