厚切りジェイソンがしゃべくり007に!アクセルホッパーって何だっけ?

Sponsored Link

米国発!黒船芸人こと厚切りジェイソン(あつぎりじぇいそん)が、日本テレビ系列「しゃべくり007」に出演。これまでの経歴を紹介する他、好きだったという「アクセルホッパー」ネタにも挑戦する。

アクセルホッパーって何だったっけ?

アクセルホッパーって聞いたことあるような気がするけど何だったけ?って方も意外と多いのではないでしょうか。芸能界、特にお笑いの世界の移り変わりは早く、余程のお笑いファンじゃない限り、ちょっと前のことが中々思い出せなかったりしますよね。

「アクセルホッパー」とは吉本興業所属のお笑い芸人永井佑一郎(ながいゆういちろう)の演じていたキャラで、2006年頃、日本テレビ系列で放送されていた「エンタの神様」で人気を博しました。

軽快なリズムに合わせてネタを話すスタイルで、どことなく厚切りジェイソンの「漢字ネタ」とも通じるものがあるような気がしないでもありません。

実は厚切りジェイソンさんがお笑いの世界を目指すようになったきっかけは、初めて来日した時にテレビで見た「エンタの神様」であるといわれています。

中でもアクセルホッパーはお気に入りのネタだったそうです。

アクセルホッパーこと永井祐一郎さんですが、最近ではあまりテレビで見かけなくなりました。絶頂期に比べ収入も激減したといわれています。

今回の件をきっかけに再ブレイクしたりする可能性もあるんでしょうかね。YouTubeに上がっていた昔の動画を見る限り、結構面白かったです。

アクセルホッパーのYouTube動画検索結果はこちら


Sponsored Link

厚切りジェイソンの経歴

IT企業に務める会社役員でありながら、お笑い芸人でもある厚切りジェイソンさんは、二刀流芸人ともいわれていますがどのような経緯でお笑い芸人をめざす事になったのでしょうか。

最初に来日したのは2005年のことで、この時にお笑いテレビ番組「エンタの神様」を見て、その面白さにハマります。

その後、一旦アメリカに帰国するも、再び日本に来てお笑い芸人を目指したいという思いが強くなり、当時厚切りジェイソンさんが住んでいたいシカゴのIT企業が日本進出して日本法人を設立すると聞き、これに参加して2011年に再来日を果たします。

その後、ワタナベコメディスクールの土日コースに入学。

現在はIT企業で会社役員を勤めながら、ワタナベエンターテインメントに所属し、会社員と芸人の二足のわらじで活動しています。

厚切りジェイソンさんの日本のお笑いへの並々ならぬ情熱とバイタリティーは、本当にすごいものがありますね。

Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ