ダルビッシュ有の愛犬の種類は?犬種はピットブルとシュナウザー?大型犬?

Sponsored Link

米レンジャースのダルビッシュ有選手は、自身のブログなどにもよく愛犬が登場するなど、愛犬家として知られていますが、その犬の元世話係から訴えられているそうです。

訴えたのは2014年8月27日に1年契約で雇われたアレクサンダー・ウィトマーさんで、同年9月17日に1匹の犬に噛み付かれてケガをし、その後解雇されたそうで、犬の管理やかみつくことへの注意喚起が不十分だったと不服に思い訴えを起こしたそうです。

ダルビッシュの愛犬の種類は?

ダルビッシュは3匹の犬を買っているそうですが、そのうちの2匹の犬種はピットブルとミニチュア・シュナウザーで、もう一匹は分かっていません。

ピットブルってどんな犬種?

正式名称はアメリカン・ピット・ブル・テリアで、通称ピットブルと呼ばれています。

大きさは主に13kg~27kgくらいと幅があり、中には60kgを超えるものもあります。

闘犬として品種改良されてきた犬種で、性格は獰猛で身体能力は極めて高いとされています。

米国では飼育されている犬のうちピットブルの占める割合は6%程度であるにも関わらず、死亡事故では61%を占め、その被害者の半数は飼い主と家族、同居人だそうです。

ダルビッシュの愛犬ピットブル

名前はゴン

Sponsored Link

ミニチュア・シュナウザーってどんな犬種?

ミニチュア・シュナウザーはドイツ原産の中型犬で、体重は6kg~13kg程度。アメリカではペットして非常に人気の高い犬種で、原産国のドイツを遥かに凌ぐ頭数が飼育されています。

元々はネズミを狩るために品種改良された猟犬で、性格的には愛情深く、聡明で従順で最良の家庭犬とも呼ばれています。

ダルビッシュの愛犬ミニチュア・シュナウザー

カットに出したら、こんな姿になって帰ってきたそうです。

アレクサンダー・ウィトマーさんに噛み付いたのは……?

アレクサンダー・ウィトマーさんに噛み付いたのは、おそらく、ピットブルの方でしょうね。犬の世話係が訴えたというニュースを知った時は、雇用期間がわずか1ヶ月足らずと短いこともあり、「これは、訴訟目的で最初から仕組まれたことなのでは?」と穿った見方をしていましたが、調べていくうちにこのピットブルという犬種が起こした事故の多さが目につき、起こるべくして起こったことなのかも思うようになりました。

アレクサンダー・ウィトマーさんが家族の一員(群れのメンバー)として認めれる前に安易にピットブルに近づいたことなども原因として推測されますが、犬の世話を専門にする人として雇われた以上、それなりの専門的な知識があってしかるべきなのではとも思います。

いずれにしても、ピットブルは飼うのが難しい犬種なので、飼い主が管理を徹底するしかないでしょう。

こういう事故があるといつも思うのですが、犬には罪のないことなので安易に殺処分などはしてほしくないですね。

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ