小倉優子がしくじり先生に!その内容は?こりん星は爆破?

Sponsored Link

「ゆうこりん」ことタレントの小倉優子(おぐらゆうこ)さんがテレビ朝日系列「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に「嘘のキャラに押しつぶされちゃった先生」として登場。

小倉優子さんにとってあの「こりん星」とはいったい何だったのか?赤裸々に激白します。

こりん星とは何だったのか?

「こりん星」から「いちごの馬車」で地球にやってきた「りんごももか姫」というのが小倉優子さんの設定で、持ち前のロリータフェイスと相まって、人気となりました。

その当時、会話の語尾に「~りんこ」、「~りんこだプー」と付けてしゃべる姿は相当インパクトがありました。

かなり特殊な売り出し方ですが、可愛いだけでは埋もれがちなアイドル市場にあって、まずは成功したマーケティングといえるのかもしれません。

ただ、10代から20代の前半くらいならば、ちょっと変わった不思議キャラで通用しますが、さすがに30歳に近くになると無理があるようです。

こりん星は爆破?

2007年、日本テレビ系列「恋のから騒ぎ」に出演した際に、マネージャーさんから「そろそろ、こりん星は爆破させたいんだけど…」と言われていると告白。それを受けて司会の明石家さんまが「マネージャー、正解」と答えたそうです。

2007年と言えば、小倉優子さんは24歳の時、周囲もそろそろ、「このままではまずいんじゃないか」と思っていたということなんでしょうね。

Sponsored Link

こりん星は名前を売り出すための戦略だった

2010年5月、日本テレビ系列の「誰だって波瀾爆笑」という番組の中で、「こりん星」という設定は名前を売るための戦略だったと告白しています。

そして、今回の「しくじり先生」では、「嘘のキャラに押しつぶされちゃった先生」として反面教師となっています。

しかし、この「こりん星戦略」(勝手に名づけました)が無かったら今日の小倉優子さんの成功は無かったと思うのですが如何でしょう。

まあ、番組内で噓キャラを演じている生徒役の方に忠告もしていますが、さすがに二匹目のドジョウを狙うのは戦略としても危険すぎると思います。

こりん星は終了。現在の小倉優子さんは?

2010年に都内で行われたイベント終了後、報道陣を前に取材を受け、2009年末でこりん星キャラをやめたことを公表しています。

こりん星キャラをやめてから、イベントの仕事が激減したそうですが、現在は東京で美容室を経営する実業家の方と結婚されて、ふたりの間には3歳になる男の子がひとりいます。

夫婦の年収が、合わせて1億円を超えるとかで、リッチなカップルとして話題にもなりました。

Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ