鉄道オタク市川紗椰はガンダムも相撲もハンバーグも好きだった!

Sponsored Link

日本テレビ系列「アナザースカイ」に出演する美人すぎるオタク市川紗椰(いちかわさや)さん。オタクという言葉から連想される容姿とは程遠い端正な美貌の持ち主ですが、そのオタク度は本物らしいです。

ひとくちにオタクといっても色々ありますが、市川紗椰さんの場合は、王道の鉄道オタクにガンダムオタク、そしてマニアックな相撲オタクと何とも濃すぎるラインナップです。

そんな市川紗椰さんとは、どのような人なんでしょうか。

市川紗椰の美しすぎるプロフィール

1987年2月14日生れ、出身地は愛知県名古屋市ですが、アメリカで育ちました。

父親がアメリカ人、母親が日本人のハーフで、現在日本を拠点にファッションモデルやタレントして活躍中です。

身長は169センチ、体重は公表されていませんが、スリーサイズがB85-W54-H84と理想的なプロポーションといえるでしょう。

最終学歴は、早稲田大学政治経済学部卒業。米国ニューヨーク州にある名門コロンビア大学にも合格していたとのことで、まさに才色兼備といえます。

鉄道オタクからみた市川紗椰ってどんな存在?

「旅と鉄道」誌上で連載をもっている市川紗椰さんですが、鉄道愛好家の間でもやはり憧れの存在なのでしょうか。同誌のツイッター上でも彼女が出演したテレビ番組の再放送情報が案内されるなど、中々関心が高そうです。

鉄道趣味の分野にも色々あるようで、市川紗椰さんの専門は車両鉄と音鉄といわれています。

車両鉄とは、車両研究を主とするファン層のことで、音鉄とは録り鉄とも呼ばれる鉄道に係る音声(発車ベル・車内放送・走行音など)を録音して、比較したり、評価したりするファン層のことです。

他にもいっとき話題になった鉄道に関するものを撮影する撮り鉄や、鉄道模型、切符やスタンプの収集、時刻表収集及びダイヤグラム分析など、多種多様なファン層を形成しています。

Sponsored Link

市川紗椰のハマーンのコスプレがすごい

市川紗椰さんは雑誌「月刊ガンダムエース」からも何度も取材されるガンダムオタクとしても知られています。

マガジンハウス出版の「大人の機動戦士ガンダム大図鑑」という本の中で公開された市川紗椰さんのハマーン・カーンのコスプレが美しすぎると話題になっています。

こちらで購入できます


実は相撲オタク

他のスポーツには、ほとんど興味が無いそうですが、相撲だけは別で、安美錦と稀勢の里の大ファンだそうです。

ハンバーグもかなり好きらしい

ハンバーグが大好物で自称・バーグハンター。全国で400件以上食べ歩いているそうで自身のブログにはその模様が画像付きで公開されています。

市川紗椰 公式ブログ

何となく思うこと

どうしてこんな美人がこの人(男性)と結婚!?って思うことが、たまにありますが、きっとそれは市川紗椰さんみたいな人が、オタクで、力士みたいな感じのちょっと太めの男性と結婚したりするからなんでしょうね。まあ、本人たち幸せならばそれはそれで良いのですが、何となくそんなことを考えてしまいました。

Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ