現在活躍中の元子役たちの、子役時代のキャリアをご紹介!

Sponsored Link

現在活躍している俳優や女優の中には、子役時代から長く活動している方もたくさんいます。今回は、子役時代から活動している俳優、女優として、神木隆之介さん、小栗旬さん、大島優子さんをピックアップして、子役時代のキャリアをご紹介します。

2歳で芸能界入りした神木隆之介さん

俳優の神木隆之介さんは、子役時代から数々のドラマなどに出演して、活躍していました。

生まれてすぐに大病をわずらい、生きた証を残したいと、母親が神木隆之介さんを芸能プロダクションに入れたのが、芸能界入りのきっかけだそうです。

1995年、2歳のときに、トイボックス「ミッキーのおしゃべりハンドル」のCMで子役デビューしています。そして2001年には映画「千と千尋の神隠し」で、湯婆婆の息子の「坊」役を演じ、声優としてもデビューしています。

内田有紀に会いたくてデビューした小栗旬さん

俳優の小栗旬さんは、小学6年生のときに、内田有紀さんに会いたくて、オーディションを受けたそうです。オーディション合格後は、エキストラとして出演したりしながら経験を積みました。

そして1998年にドラマ「GTO」で、連続ドラマレギュラー出演を果たします。このドラマでの役どころは、体の弱いいじめられっ子というもので、身長が184cmある、今の小栗旬さんのイメージとはだいぶ違います。

小栗旬さんは高校入学後に急激に身長が伸びたそうで、GTOに出演した頃はまだ背が小さかったのです。この頃の小栗旬さんを知らない方は、ギャップに驚くかもしれません。

関連記事

小栗旬に関連する記事はこちら

大島優子さんも元子役だった

元AKB48の中心メンバーで、現在は女優として活躍している大島優子さん。彼女が有名になったのはAKB加入後なので、かつて子役として活動していたことは、知らなかった方もいると思います。

1996年にセントラル子供劇団に入り、芸能活動を開始しているので、芸歴はかれこれ20年になります。

1997年に放送された和久井映見さん主演ドラマ、「バージンロード」では、和久井映見さん演じるヒロインの子供時代を演じました。他にも子役時代にいくつかのドラマに出演しています。

他にはジュニアアイドルとして写真集を出したり、高見沢俊彦さんプロデュースのアイドルグループ「Doll’s Vox」のメンバーとしても活動していました。

関連記事

大島優子に関連する記事はこちら

十人十色の子役時代

元子役で現在活躍している方の中には、子役時代から有名だった方、子役時代は無名で、意外なキャリアを経験している方、子役時代は今のイメージとだいぶ違う方など、十人十色の子役時代があります。

好きな俳優さんの、こういう子役時代の作品を見返してみるというのも、面白いのではないでしょうか。

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ