寺脇康文は結婚してる?妻はどんな人?子供はいるの?

Sponsored Link

寺脇康文さんは1月スタートの連ドラ『お母さん、娘をやめていいですか?』で、ヒロインの父親であり、自分の妻と娘と若い男が三角関係になっているという辛い立場の男を演じます。

“モンスターホームドラマ”と銘打たれた複雑な家族を役者・寺脇康文さんがどう演じるのかも楽しみですが、実生活での寺脇さんは結婚なさっているのでしょうか?奥様や子供さんについて調べてみました。

寺脇康文さんは1月放送開始ドラマで辛い立場に悩む男を演じる!

寺脇康文さんは、1月13日スタートの波瑠さん主演連続ドラマ『お母さん、娘をやめていいですか?』で、波瑠さん演じるヒロイン早瀬美月の父・早瀬浩司を演じます。

『お母さん、娘をやめていいですか?』はタイトル通り母の束縛から逃れようとする娘・、美月と娘を手放したくない思いから暴走する母・顕子(演・斉藤由貴さん)が壮絶なバトルを繰り広げる物語。

美月がある男性と出会うことで変わっていく姿に焦った顕子は、あろうことかその男性を自分が誘惑してしまうのです。

つまり寺脇康文さん演じる浩司は、単なる妻と娘の諍いではなく、妻と娘が同じ男を奪い合っているという状況にいます。しかも、仕事もリストラのピンチ。

撮影開始後の取材に応えて寺脇さんは「すべての出演シーンがつらいです…」と苦笑したそうですが、確かに世の男性にとって、絶対同じ状況には陥りたくない役と言えるでしょう。

そんな寺脇康文さんですが、実際のご家庭はどんな感じなのでしょうか?

Sponsored Link

寺脇康文さんは実際は結婚してる?奥さんや子どもは?

寺脇康文さんと言えば、2000年から2008年まで出演した大ヒットドラマ『相棒』の亀山薫刑事のイメージが未だに強い、という方もおられるでしょう。

亀山薫は若さゆえに失敗することも多い熱血漢で、鈴木砂羽さん演じる美和子とも山あり谷ありの恋模様ありで結婚後もあまり世帯じみた感じがしない男でした。

そのため、寺脇康文さん自身もなんとなく家族持ちには見えない時期が長かったのですが、実際は寺脇さんが劇団「スーパー・エキセントリック・シアター」に所属されていた時代に知り合った一般女性と結婚されています。

そして、娘さんが二人、息子さんが一人いらっしゃり、皆さん成人されているそうです。

「薫ちゃん」と呼ばれ走り回っていたころのイメージからは想像できませんが、寺脇康文さんも2017年2月25日には55歳。

しっかり家庭を育み、奥様と共にお子さんたちを育てあげてきた立派な父親世代なんですね。

なお、奥様やお子さんに関する画像や具体的な情報は余り露出していません。家族を守るガードもかなりしっかりされていたようです。

ただ、寺脇さん自身が「自分は嫁さんに寺脇家の長男と言われる」と語ったり、誕生日は必ず家族で祝っている、などの微笑ましいエピソードに、仲の良さが垣間見えているようです。

寺脇康文さんが、悩める夫・父親像をどう演じるか注目!

そんな実際にはよき夫、よき父であることが伺われる寺脇康文さんにとって、『お母さん、娘をやめていいですか?』の早瀬浩司役は、余りにかけ離れた状況にあると思われます。

なにせ、以前は仲が良すぎて入るすきもなかった妻と娘が反目し、その上妻と娘と若い男が三角関係になっているのですから。

「薫ちゃん」を卒業しても、正義感の強い、堂々とした男性役が多かった寺脇さんにとって大きな挑戦ともいえるでしょう。

「終わったときにこのつらさを忘れられるようなラストになっているように、演じてゆければ」と撮影中の取材に応えていた寺脇さん。

役者としてまた新しい表情を見せてくれることを期待したいものです。

関連記事

寺脇康文に関連する記事はこちら

Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ