ストレイヤーズ・クロニクル主題歌はゲス乙女「ロマンスがありあまる」

Sponsored Link

ゲスの極み乙女。が、2015年6月27日公開予定の映画「ストレイヤーズ・クロニクル」の主題歌を担当しています。

主題歌「ロマンスがありあまる」他、挿入歌「サイデンティティ」も提供。どちらもこの映画のためのオリジナル書き下ろしとなります。

ストレイヤーズ・クロニクルってどんな映画?

本多孝好(ほんだたかよし)の同名の小説「ストレイヤーズ・クロニクル」が原作となっています。

ストーリーは、1990年代始め、バブル経済に湧く日本で行われたふたつの遺伝子実験により生まれた子供たちは、超人的な能力を有するも長くは生きられない宿命を背負っていた。

そして、やがて大人になった彼等は2組に分かれ争い合うことになる。

主演は視力・聴力・筋力などを異常発達させられた昴を演じる岡田将生(おかだまさき)、対立する能力者に染谷将太(そめたにしょうた)。他にも白石隼也(しらいししゅんや)や柳俊太郎(やなぎしゅんたろう)、鈴木伸之(すずきのぶゆき)などイケメン俳優目白押しです。

また、成海璃子(なるみりこ)、松岡茉優(まつおかまゆ)などの人気女優も出演しています。

映画「ストレイヤーズ・クロニクル」公式サイト

Sponsored Link

ストレイヤーズ・クロニクルの主題歌に決まったときのエピソード

佐藤貴博プロデューサーとゲスの極み乙女。」の出会いは?

佐藤貴博プロデューサー(日本テレビ)が初めて「ゲスの極み乙女。」というバンド名を聞いたのはFMラジオだったそうで、ふざけたバンド名から「イロモノバンドなんだろうな」と思って楽曲を聴いてみたら、めちゃめちゃカッコ良かったと語っています。その後、気になってライブにも行ったそうです。

そして、今回自身がプロデュースする映画「ストレイヤーズ・クロニクル」主題歌を依頼することになります。

最初に依頼されたのは主題歌だけだった

最初に依頼されたのは主題歌のみでしたが、出来上がった楽曲に感銘を受けた佐藤貴博プロデューサーが、続けて挿入歌の依頼をしたそうです。

主題歌「ロマンスがありあまる」の歌詞

「ロマンスがありまる」の歌詞には映画の中のセリフが使われています。

どの部分のことなのかはわかりませんが、メンバーの川谷絵音(かわたにえのん)さんが

「映画の中でもかなりグッとくるセリフで“是非使わせて下さい”と制作側にお願いした」

と語っています。

こちらでちょっとだけ「ロマンスがありあまる」を聞くことができます。

映画「ストレイヤーズ・クロニクル」公式サイト

「ロマンスがありあまる」CD発売情報

映画「ストレイヤーズ・クロニクル」の主題歌「ロマンスがありあまる」、挿入歌「サイデンティティ」に新曲「Ink」を加えたゲスの極み乙女。3rdシングルが、2015年6月17日(水)に発売されます。

初回限定ゲスなトランプ盤と通常版の2種類がありますのでご注意ください。

ロマンスがありあまる(初回限定ゲスなトランプ盤)

<完全生産限定>初回限定盤のみ『ゲスくんがありあまるトランプ』付き

ロマンスがありあまる(通常盤)

Sponsored Link

関連コンテンツ



コメントを残す

このページの先頭へ