火花 ドラマの原作本は又吉直樹の芥川賞受賞小説です!

Sponsored Link

2017年2月スタートのドラマ「火花」(NHK)の原作本は、又吉直樹の小説「火花」です。

小説「火花」とは?

お笑い芸人ピースの又吉直樹が初めて手がけた小説として話題になった作品です。

第153回芥川賞の受賞作品としてさらなる脚光を浴び、2015年度の売上部数は約233万部、売上額は30億円を記録する大ヒット作品となりました。

「火花」のあらすじは?

売れないお笑い芸人だった徳永は、先輩芸人・神谷の芸に対する姿勢や取り組みに感銘を受けます。

徳永は神谷に弟子入りすることで彼に近づこうとします。しかし徳永が徐々に売れ始めるようになると、二人の関係にも変化が現われやがては離れ離れとなります。

「火花」を購入するには?

電子書籍

紙の本


Sponsored Link

著者紹介

作者名:又吉直樹(またよしなおき)
生年月日:1980年6月2日
年齢:36歳
最終学歴:北陽高校卒業
デビュー作:火花
受賞歴:第153回芥川賞

この他のおすすめ作品は?

電子書籍

紙の本

関連記事

ドラマ「火花」に関連する記事はこちら

Sponsored Link

こちらもおすすめ



コメントを残す

このページの先頭へ