「どぶろっく」って?動画「もしかしてだけどin大河ドラマ」はこちら!

Sponsored Link

歌ネタ「もしかしてだけど」で知られる人気お笑いコンビ「どぶろっく」がNHKの大河ドラマ「花燃ゆ」に出演します。

どぶろっく、二人の役どころは?

役どころはギター担当の森慎太郎(もりしんたろう)さんが江戸幕府最後の将軍・一橋慶喜/徳川慶喜(ひとつばしよしのぶ)、歌担当の江口直人(えぐちなおと)さんが薩摩藩・島津久光(しまづひさみつ)を演じます。

一橋慶喜ってどんな人?

江戸幕府最後の将軍として知られる人物で、正式には江戸幕府第十五代征夷大将軍となります。

徳川の後三卿(田安家・清水家・一橋家)のひとつ一橋徳川家の第9代当主を務めた後、第十五代将軍に就任しました。

幼少より聡明な人物として知られ、江戸幕府再興の期待を背負って将軍職に就くと「権現様の再来」と徳川家康になぞらえる程の英明さであったいわれています。

島津久光ってどんな人?

島津久光は、幕末の薩摩藩における事実上の最高権力者と言われ、朝廷の伝統的権威と幕府を結びつけて幕藩体制の再編強化を計るべく公武合体運動を推進した人物として知られています。

出生は薩摩藩10代藩主、島津斉興の5男として生まれ、幕末の名君として知られる島津斉彬は異母兄にあたります。

どぶろっくのプロフィール紹介

保育園から大学まで同級生だったふたり。大学卒業後、役者志望で上京していた森慎太郎を江口直人が誘い、2004年にコンビが結成される。

コンビ名の由来は森慎太郎の「どぶのような男」と江口直也の「ろくでもない男」からきているとのこと。

森慎太郎がギターを弾いてふたりが歌うというスタイルで、歌ネタ「もしかしてだけど」が大ヒット。2013年、女子小中学生向けファッション雑誌「nicora」で行われたアンケート調査で「好きな芸人ランキング」で堂々の一位となる。

ギター担当の森慎太郎

1978年10月生まれの現在36歳。
佐賀県三養基郡基山町出身。
福岡大学卒業

歌担当の江口直人

1978年4月生まれの現在37歳。
佐賀県三養基郡基山町出身。
福岡大学卒業

Sponsored Link

どぶろっくと花燃ゆ

英明な徳川最後の将軍と激動の時代を突き進んだ島津久光、このふたりを「どぶろっく」が演じるという奇想天外さ。いったいどんな内容となるのでしょう。

一橋慶喜を演じることになった森慎太郎さんは

「一橋慶喜は、歴史の教科書にも載っている徳川家最後の将軍です。でも、大政奉還をした人物という以外に、人物像があまり分からなくて(笑い)。なので自然体で臨んで、つかみどころのない感じがうまく出せればいいなと思っています」

と語っています。

もしかしてだけど 大河編の動画はこちら



Sponsored Link

こちらもおすすめ



One Response to “「どぶろっく」って?動画「もしかしてだけどin大河ドラマ」はこちら!”

  1. ありな より:

    肝心の下ネタカットです!!むかつく~。これだからNHKは!!

コメントを残す

このページの先頭へ